お金を借りる融資とファクタリングが異なる点

お金を借りない

 

お金を借りないで資金繰りできるファクタリングは融資やローンとどう違う?


 

事業者による資金調達の手段としてお金を借りる融資を選ぶ方法とファクタリングがあります。

 

最近では、お金を借りる融資の審査に通らない場合には、ファクタリングを利用する事業者も増えてきつつあるのです。

 

少し前までは、事業者が運転資金を工面するためには融資でお金を借りるという方法が一般的でした。

 

ではファクタリングと融資ではどのような相違点があるのでしょうか?

資金調達までの所要時間

まず、ファクタリングと融資の場合では資金調達までのスピードが異なります。

 

ファクタリングは債権譲渡することによって手数料がかかるものの、資金調達までのスピード感がとても早く、審査までの時間がそれほどかかりません。

 

そのため即日資金化できるケースも多く、融資とは異なり緊急時の資金調達にも活用することができるのです。

審査の柔軟性

 

また融資やビジネスローンの場合、

  • 他の金融機関からの借り入れ件数が多い
  • 税金滞納
  • 支払い遅延が多い

といったケースではまず審査に通ることはありません。

 

しかしファクタリングの場合では融資の審査とは異なり売掛先の信用度が重視されますので、赤字決算や債務超過、税金滞納があったとしても、利用できることがほとんどです。

契約内容

 

融資やビジネスローンは金融業者からの借り入れという形の資金調達になります。

 

しかし、ファクタリングは融資や借り入れではなく、売掛金などの債権の売買という形での資金調達方法という違いがあるのです。

 

このため、企業がファクタリングを利用したとしても、負債にならずもしも売掛先が倒産をしてしまった場合も、償還請求権がないノンリコースなら、返済義務がないというのも大きな違いとなります。

 

融資には利息や保証料、担保や保証人が必要となりますが、ファクタリングの場合には担保や保証人を必要とすることはありません。

 

また、利息や保証料がなく、代わりに売買手数料が必要となります。

 

そして、融資の場合は、数百万円から数億円という金額まで融資を受けることが出来ますが、ファクタリングの場合は売掛金の金額が上限となっています。

 

このように、それぞれ違いがありますので、覚えておくようにしましょう。

一部のファクタリング業者は貸金業法違反で逮捕されている

ファクタリング業者逮捕

このように、ファクタリングは、融資とは異なりお金を貸す貸金業ではありません。

 

しかし2017年には一部のファクタリング業者は実は貸金業法違反で逮捕されており、ニュースとなった際にはファクタリング業界で激震が走りました。

 

具体的にどういった案件だったのかというと、ファクタリング業者を名乗りながら、債権を買い取りを装いそして実際は高利貸しをしていたということで、業者が逮捕されたという事件でした。

 

貸金業というのは法律で貸金業法に則って營業がなされていますが、このファクタリング業者の事件では、業者がファクタリングを装いながら、実態は売掛債権を担保にして、高金利で金を貸し付けていたということで出資法違反(超高金利)容疑で摘発されたのです。

 

当然ながら貸金業の登録をしておらず、実際に無許可で融資をおこなっていたため逮捕されました。

 

実際のファクタリングというのは売掛債権を買い取ることによって、これを現金化できるというサービスであり、期日前に債権を現金化するという特徴があります。

 

従って融資とは全く別のものです。しかし、この逮捕されたフ金融業者は、ファクタリング業者を名乗りつつ実際は高利貸しを行っていたということで、違法となったのです。

 

ここで問題となったのが、

  • ファクタリングが債権譲渡なのか?
  • 売掛債権を担保とした貸金契約なのか?

という点です。

 

ファクタリング業者によってはこのように、法律で貸金業法違反に問われる業者もありますので、慎重に判断する必要があるといえるでしょう。

悪質なファクタリング業者の特徴
  • 売買契約書がない
  • 手数料が法外に高い
  • 債権のうちの一部だけが譲渡

結論から言うと、ファクタリングそのものが違法というわけではありませんが、ファクタリング業者を名乗り、実際に高利貸しを行っている業者については違法となる可能性も少なくありませんのでくれぐれも注意が必要となります。

売掛金の売買となるファクタリングは融資とは違う

 

融資とファクタリングはよく比較されることが多いのですが、売掛金の売買となるファクタリングは融資とは大きく違うということを知っておきましょう。

 

売掛金を利用して資金を調達するという点では同じなのですが、融資はあくまでも融資であり、商売で融資をするためには、銀行か貸金業の資格が必要となります。
銀行か貸金業者のみがこの融資を行うことを業務として行うことができ、「貸金業法」という法律に則って融資が行われます。

 

一方でファクタリングは、売掛金の売買契約であり、売掛債権を売却することによって資金化するという仕組みになっています。

 

当然ながら、売掛債権をそのまま譲渡しますので、融資とは違い審査やスピードでは大きな違いがあるのです。

 

融資については取り扱いは銀行もしくは貸金業者になりますが、ファクタリングについてはファクタリング業者が専門で行なうことになります。

 

貸付の契約であるかどうかという点と、譲渡契約であるかどうかという点で大きな違いがありますので、まったくの中身が異なるので、注意をするようにしましょう。