ネットショップや店舗でのクレジットカード決済の売上げ

クレジットカード決済現金化

 

ファクタリングは売掛金の現金化であり、資金調達をするために検討しているという方もいるのではないでしょうか?

 

ファクタリングを利用できるのは、大企業や上場企業だけではなく個人事業主、そして中小企業の方が利用できるファクタリング業者もたくさんあります。

 

そこで、

  • ネットショップ
  • 小売店
  • レストレンなどの飲食店

などの事業者では「クレジットカード決済による売上げ」というのも債権のひとつといえるのではないでしょうか?

 

個人相手の商売だから売掛金はないけど、クレジットカードの売上げってファクタリングすることもできるのかな?


 

オンラインショップなどのインターネット通販業は少々特殊なところがあり、ファクタリングは利用できないのではないかと思われがちです。

 

しかし、ネット通販の場合、顧客の決済方法の大半がクレジットカードが基本となりますので、販売者となる事業者まで入金されるまでに数ヶ月程度タイムラグが生じてくることも少なくありません。

 

さらに、開業初期には広告に投資をしているケースも多いので、事業の資金調達が必要になってくることも多いのです。

 

クレジットカード決済の売上げは入金までのサイクルが長過ぎることで、資金が枯渇してしまうことも珍しくありません。

 

銀行融資やノンバンクに借り入れの申し込みをしても個人事業主や小売店といった小規模な事業者は審査は難しいでしょう。

 

そんな時に便利なのがクレジットカード決済による債権のファクタリングという仕組みです。

 

このファクタリングなら、カード決済による売上げ入金の前倒しが可能となり、これを現金化することが出来ます。

 

利用者の創業年数や社歴は関係がなく、あくまでも売掛先の信用だけが重視されますので、審査なども融資と比較すると甘く手軽に利用することができる資金調達方法といえるでしょう。

 

実際に資金調達をする際に、ファクタリングを利用するネットショップ運営者や個人で運営している商店の方も多いのではないでしょうか?

 

ではこのクレジットカード決済の売上げを現金化するファクタリングについて解説していきます。


クレジットカードの売上げも現金化可能?

クレジットカード決済での現金化

ネットショップの売上げの大半はクレジットカード決済

特にネットショップを運営している事業主の方の場合、買い物をする利用者の半数以上はクレジットカード決済を支払方法として利用しています。

 

なぜなら現金払いを選択しますと

  • 銀行振込 振込手数料がかかる
  • 代金引換 代引き手数料がかかる

といったように購入する商品の価格以外に負担となるため、手数料のないクレジットカード決済が選択されているのです。

 

したがってネットショップでは売上げの大半がクレジットカードの債権となるためネットショップの方がファクタリングを利用する場合、クレジットカード決済の売上げが現金化できるのかを知りたいと思われる方は少なくないでしょう。

 

一般的にファクタリングというサービスは企業間の売掛金を対象としており、個人を相手に商売をするBtoCは対象外となりますが、クレジットカード決済の債権はファクタリングの対象となるのでしょうか?

 

クレジットカード決済の基本的な仕組みとしては利用者がクレジットカードによって決済をしますが、その売上げは翌月または翌々月に決済代行会社から支払われることになります。

 

つまりこの決済代行会社から入金される予定の債権を現金化することも可能といえるでしょう。

クレジットカード決済の債権の現金化

クレジットカード決済も現金化可能なファクタリング会社を利用することによって、早期決済して現金化することが可能となっていえるでしょう。

 

このファクタリングを利用すれば、クレジットカード決済の売上も早期の現金化が可能となっているため、ネットショップや小売店などの事業のキャッシュフローを改善することも出来るのです。

 

でははなぜファクタリングできるのかというと、まずクレジットカード決済による債権の場合、クレジットカード会社や決済代行会社と事業者による売掛金という形になります。

 

この場合、クレジットカード会や決済代行会社社と、事業者の間による債権になりますので、債権を売買することによりファクタリングが可能となっています。

 

また、クレジットカード決済の売掛金といっても通常の売掛金のファクタリングとはなにか違うかというと、それほど違いはありません。

 

原則的には2社間ファクタリングを利用することになりますが高額な売掛債権であれば3社間ファクタリングも可能となっています。

 

クレジットカード会社や決済代行会社は、一般的な会社と比較しても、信用力が高い企業が多いですので、そういった点でも、ファクタリングを行なう上で有利なことも多いといえるでしょう。

 

したがってもしも銀行融資を断られてしまったという場合には、非常に最適な資金調達手段の一つとなっています。

 

しかし、その反面、

  • クレジットカードの決済手数料
  • ファクタリング手数料

が二重で必要になることを知っておきましょう。

 

ファクタリング手数料に関しては、各業者によって異なりますのでコストを比較しておくことも大切です。

クレジットカード決済の現金化も可能なファクタリング会社

カード決済での現金化できるファクタリング会社

クレジットカード決済の現金化を検討しているという方も多いと思いのではないでしょうか?

 

クレジットカード決済の現金化も、ファクタリング会社を通すことで利用可能となっています。

 

これは、クレジットカード会社と債権という形になりますので、信用性が高く、ファクタリングをする上で何ら支障はありません

 

ファクタリングサービスを利用することで、クレジットカード債権も早期現金化は可能となっています。

 

しかし、クレジットカード債権を現金化することが出来るファクタリング会社ですが、会社によって対象としているカード会社が異なります。

 

このため、最初に問い合わせをしておくことをおすすめします。

 

ファクタリング会社によっては、クレジット債権を取り扱っていないケースもありますので、クレジットカード債権を取り扱っており、2社間ファクタリングが可能なファクタリング業者を選ぶようにしましょう。

 

売掛債権のファクタリングを考えるときは、クレジットカード債権の場合ももちろんですが、まずは、複数のファクタリング会社に見積書を取ったうえで、最適な契約条件を結んでもらえるファクタリング会社を見つけることがとても大切です。

 

現達がオススメするクレジットカード決済の現金化ができるファクタリング会社

ファクタリングジャパン

 

クレジットカード決済の現金化なら大手のファクタリングジャパンなら安心!