法人ではない個人事業主がファクタリングをしたいけれど可能?

個人事業主によるファクタリング

 

一般会社員よりも信用度の低い個人事業主

信用度の低い個人事業主

事業者というのは上場企業や大手企業もありますが、株式会社や有限会社といった法人格を持たない個人で事業を営んでいる『個人事業主』も少なくありません。

  • ネットショップ運営
  • 飲食店経営
  • 建築関係の一人親方

といった比較的、小規模な事業では法人ではなく個人で経営を行っていることも多くあるのです。

 

この個人事業主の方というのは資金調達するための手段というのは限られており、資金不足に陥ってしまうケースも少なくありません。

 

法人ではない個人事業主の場合でも、材料費や設備投資といった資金が必要になるでしょう。

 

しかしながら個人事業主では、銀行融資や助成金などにしても、なかなか難しいケースが多いのが実際の所です。

 

個人事業主のほとんどは収入面に関しても不安定ということもあり、金融機関等の融資についても、「信用度が足りない」と判断されることが少なくありません。

 

企業に勤務する会社員や公務員と比較すると個人事業主は毎月の定期的な収入が安定しないことから、返済能力という点では劣ってしまうのです。

 

法人ではなく個人で事業しているんだけどファクタリングで資金調達できるのかな?


個人事業主による売掛金の早期現金化

個人事業主による資金繰り

そんな個人事業主の資金繰りとしても便利なのが企業間の売掛債権の買取となるファクタリングという方法といえるでしょう。

 

金融機関における個人事業主への対応ですが、法人と比較すると圧倒的に信頼度は低くなります。

 

したがって個人事業主による銀行融資での資金調達は非常に厳しいのが現状となりますがファクタリングの場合、

  • 売掛金
  • 取引先の信用度

が重視されることになるため現金化する個人事業主自体の信用が低くてもファクタリングによる資金繰りは可能なのです。

 

売掛金を支払う取引先の信用力が高ければ個人事業主でも問題なくファクタリングは利用できるケースが多く、大手企業などが取引先となる法人の売掛金がたくさんあれば、手数料など条件も緩和されるケースもあります。

 

ファクタリング利用には一定の条件を満たす必要があるものの、ファクタリング業者では独自の審査を行っていますので、融資のように、赤字決算や、債務超過の場合、断られてしまうということもありません。

 

  • 「ビジネスを始めてみたものの資金がショートをしている」
  • 「スピーディーに資金調達をしたいもののその方法がなく悩んでいる」
  • 「信用がないためどの金融会社からも借りられない」

という個人事業主の方でもファクタリングをによる資金調達は有効な方法といえるでしょう。

 

このように法人ではない個人事業主でもファクタリングは十分利用可能となっていますが、

  • ある程度まとまった金額の売掛債権がある
  • リスクの少ない優良な債権がある
  • 売掛先となる会社に信用がある

といったような条件があるファクタリング会社もありますので注意する点も少なからずあります。

 

個人事業主でもファクタリングできますが注意すべき点を予めチェックしておきましょう!



個人事業主による金策方法は限られている

個人事業主による金策方法は限られている

 

法人ではない個人事業主や個人経営の店舗でも、ファクタリングを利用することができないというわけではありません。

 

ノンバンクによるビジネスローンなどでは法人のみしか資金調達が出来ないケースは多く、個人事業主というのを理由に融資の審査が通らないというケースもあるのです。

 

また

  • 直近決算が赤字
  • 設立から間もない企業
  • 収入が安定していない

といった場合には個人事業主による銀行融資はまず難しいでしょう。

 

現在の日本社会において「個人事業主の対応」についてはよほど特別な事業者ではない限り、安定した収入のある会社員よりも資金繰りに関しては厳しい状況にあります。

 

しかしながらファクタリングは、融資・貸付ではなく、売掛金を買い取るという仕組みとなるため「信用」だけが重要視される資金調達方法ではありません。

 

つまりファクタリングは個人事業主本人の信用力ではなく、保有している売掛金に注目されることになりますので、ファクタリングで資金繰りを改善することは十分可能といえるでしょう。

 

ただし、個人事業主がファクタリングを行なう場合にはいくつか注意点もありますので、これを知っておきましょう。

 

個人事業主がファクタリングを利用する際に注意すべき点

個人事業主のファクタリングの注意点

 

まず、個人事業主でもファクタリングで資金調達をすることが可能となっていますが、各ファクタリング会社による独自に審査を設けていますので、審査に通ることが必要ですし一定の条件を満たす必要があります。

 

たとえば

  • 売掛債権の金額が少ない
  • 売掛先の信用が少ない
  • 売掛先との取引期間が短い

といったような場合には、ファクタリングの審査NGとなってしまうということもありますので、注意をしましょう。

 

ファクタリングでは業種にもよって異なりますが一般的に数百万円、数千万円規模の金額の売掛金を対象としていることが多いので、売掛金が大きいほど会社自体の規模が大きいと考えられています。

 

したがって売掛金が少ないファクタリングの場合には、少額の売掛金に対応をしてくれるファクタリング事業者を選ぶようにしましょう。

 

100万円以下の売掛金を専門に扱っているファクタリング業者もありますので、個人事業主に強いファクタリングに依頼をすることが大切です。

 

またファクタリングの申し込みをする本人が個人事業主である場合は問題がありませんが、売掛先が個人事業主となる場合には基本的にファクタリングの対象外となることが少なくありません。

 

これは売掛金の回収リスクがあることから個人事業主から回収する売掛金はファクタリングの利用を断られてしまうケースになるのです。

 

ファクタリングの売掛先は大手の企業でなくても、売掛先が株式会社などの法人であり優良企業であることが条件とされていることが多いので、注意が必要となります。


個人事業主が申込可能なファクタリング業者を選ぼう

個人事業主向けファクタリング会社

 

このように、法人ではない個人事業主でも売掛金現金化となるファクタリングは可能となっています。

 

しかし、ファクタリング会社の中には

  • 少額の利用に対応をしていない
  • 年商に制限がある
  • そもそも個人事業主はNG

といった業者も少なくありません。

 

このため、個人事業主でもファクタリングがOKのファクタリング会社を選ぶことが重要といえるでしょう。

 

ファクタリング会社の一部では、個人事業主向けのファクタリングサービスを得意分野としているところありますので、そういったファクタリング業者を選ぶことがおすすめです。

 

利用対象者に「個人事業主OK」と明記されているファクタリング業者、そして少額の取引にも柔軟に対応をしてくれるファクタリング業者を選びましょう。

 

ファクタリング会社の中には、最大で1億円までの取引を行っているものの、最小の取引額が数十万円程度と、他社と比べて低いところもあります。

 

このように、個人事業主にも対応をしている優良ファクタリング業者を選ぶことが、ファクタリングでの資金調達を成功させる近道です。

 

《現達》が推薦する個人事業主でも利用OKのファクタリング会社

少額買取専門アクセルファクター

 

金融機関によるファクタリング業務だけではなく、民間ファクタリング会社のほとんどがある程度の売掛金がなければ現金化することはできませんが、小口買取専門となるスピードファクタリングが特徴的なアクセルファクター

 

300万円以下専門となる少額の売掛金買取を専門としているため、中小企業だけではなく多くの個人事業主の方にも利用されている専門的なファクタリング会社といえるでしょう。

 

 

アクセルファクターなら少額買取専門だから個人事業主でも安心してファクタリングできます!