ファクタリング用語となる「償還請求権」の意味とは?

ノンリコースファクタリング

債権の保証義務となる償還請求権とは?

企業による事業の運転資金を気軽に資金調達が出来る「ファクタリング」についてですが、よく知らないままに利用をしていると思わぬトラブルになってしまうことも少なくありません。

 

このファクタリングでもっとも大きなリスクとなるのが取引先の会社が倒産をしてしまった場合です。

 

入金ずれや経営破たんといった場合には、ファクタリング会社は買い取った取引先からの売掛金を回収することが出来ません。

 

このような現金化した債権を回収することができない場合にはファクタリングによって現金化した事業者が債権を補償をする必要があるのです。

 

当然ながらファクタリングを利用する中小企業はそこまでの資金に余裕があるわけではありません。

 

そんな売掛金が未回収になった場合に債権を保証する義務を負うことになるのが、『償還請求権』なのです。

 

ファクタリングでの償還請求権の有無によってさまざまな部分で変わってくることがあります。

 

 

償還請求権ありとなしのファクタリングはどんな違いがあるんだろう?


ファクタリングでの償還請求権の有無

ファクタリングにおいてこの償還請求権は大きな意味がありますので、ご利用をご検討の方はぜひその意味を知っておきましょう。

 

ファクタリングでのこの償還請求権ですが、売掛金を現金化した場合、通常は取引先の会社からの債権はファクタリング業者へと支払うことになるのですが売掛先が倒産してしまった場合や経営破たんしてしまった場合には代金を回収することができません。

 

この債権が未回収となった場合に、売掛債権を現金化した事業者がその債務を保証するかしないかが償還請求権なのです。

 

償還請求権があるファクタリング(リコース)当然ながら売掛先が倒産した場合には、ファクタリングを利用した事業者がこの債務を補填しなければなりません。

 

損害の一部になりますが、ファクタリング業者に請求されることになってしまいます。

 

償還請求権がないファクタリング(ノンリコース)売掛先が倒産をしてしまったとしても、債権は譲渡しているためその損失はファクタリング会社が被ることになるのです。

 

つまり、ファクタリングにおいての償還請求権ですが、会社が一定のリスクを背負うかどうかが基準となっています。

 

このため、ファクタリングを利用する際には、さまざまなポイントをチェックする必要がありますが、こちらの「償還請求権の有無」がどのようになっているかを確認することがとても大切となります。

 

償還請求権によって手数料も変わってくることになりますが、万が一の場合の、資金調達後の対応に違いが生じます。

 

売掛先の倒産リスクのことを考えると償還請求権は大変重要な項目となりますので、ファクタリングを利用する際には、その他のポイントはもちろんですが、この償還請求権の部分に関しても、契約の際はよく確認する必要があります。

 

償還請求権なしのファクタリングなら倒産リスクを回避できるから安心だね★


売掛金の債務を保証することないファクタリング

売掛金の債務の保証

ノンリコースファクタリングのメリット

このようにファクタリングは売掛先に未回収の債権があれば、それを資金化するものですので、売掛先が倒産すればそれを補償しなければならないケースがあります。

 

しかし、これは必ずしも補償しなければならないケースばかりではなく、償還請求権のないノンリコースファクタリングであれば、その必要はありません。

 

納入企業が保有している売掛債権だったり、あるいは手形の支払いをファクタリング会社が保証するという形のファクタリングです。

 

この場合には、取引先の企業が万が一倒産・経営破綻してしまった場合、通常ならばファクタリングを利用した事業者がこの補償をする必要があります。

 

しかし、ノンリコースファクタリングであれば売掛金が入金されない貸し倒れリスクをそのままファクタリング会社が負うことになりますので、事業者は補償をする必要がありません。

 

この保証ファクタリングについては、ファクタリングの際に売掛債権の対価として保証料を支払うことになっています。

 

実は日本においてのファクタリングは、こちらの「保証ファクタリング」が主流となっています。

民間ファクタリングは償還請求権なしが主流

償還請求権なしのノンリコースのファクタリングが現在の主流となっていて、最初に保証料を支払う代わりに倒産した際の支払い義務が事業者に生じないということになります。

 

これは売掛債権を現金化すれば、それで完結することになりその後の回収リスクは関係がないという取引になるのです。

 

ほとんどの日本のファクタリングサービスはこちらのノンリコースファクタリングになりますが、万が一の場合もありますので、契約内容の項目をしっかりとチェックしておくことをおすすめします。

 

償還請求権なし(ノンリコース)の大きなメリットは、売掛先が倒産してしまった場合も、ファクタリングの利用をした会社には一切リスクを負うことはない点です。

 

最初に保証料を支払う必要はありますが万が一、売掛先が倒産してしまうとそれよりも大きな負担を償還しなければならなりません。

 

しかし、ノンリコースならファクタリング会社が貸し倒れのリスクを負担してくれますので、その後の債権管理の必要がなく資金調達が出来た時点で心配がいらないというのが最大のメリットです。

 

ノンリコースの最大のデメリットとしては、リコースに比較して、ファクタリング会社にとってはリスク大きくなる分、比例して手数料が高くなっているという点があります。

償還請求権ありのリコースのファクタリングとは?

リコースファクタリング

償還請求権ありのファクタリングとは?

日本で主流となっているのが、償還請求権なしのノンリコースのファクタリングとなっています。

 

しかし、債務を保証することになる償還請求権ありのリコースのファクタリングというのも存在していることをご存知でしょうか?

 

リコースファクタリングは、

  1. 売掛先の会社が倒産してしまった
  2. ファクタリングした売掛金が入金されない
  3. 取引先から債権の回収ができない

といった場合にファクタリングで債権を売却した会社が、ファクタリング業者へ返金する義務が生じるファクタリングになります。

 

日本の殆どのファクタリングが、ノンリコースのファクタリングですが、売掛債権の種類や業務内容によってこのように償還請求権ありのリコースのファクタリングも存在しているのです。

 

償還請求権ありのリコースファクタリングの特徴

リコースファクタリングにも、当然ながらメリットやデメリットといった特徴があります。

 

まず、償還請求権ありのリコースのファクタリングの場合、ノンリコースの場合の保証料となる掛け目が必要ないので比較的手数料が安くなるというメリットがあります。

 

ノンリコースの場合は万が一の倒産の場合、ファクタリングの利用者に支払い義務が生じない代わりに保証料が返還されません。

 

しかし、リコースの場合はこの保証料がいらないため、手数料が比較すると低くなるのが大きなメリットです。

 

しかし、最大のデメリットは、もしも売掛先が倒産してしまった場合には、債務を保証するため返済リスクを背負うことになるのです。

 

また、売掛先の倒産リスクが残っているということもあり、回収が終わるまでは資金調達をすることが出来たとしても安心できないというデメリットがあります。