売掛金の買取とは異なる債権担保融資とは?

債権担保融資

売掛金の買取によって事業の資金調達が出来る「ファクタリング」がありますが、これとはまた別に売掛金の買取とは異なる「債権担保融資」という資金繰りの手段があることをご存知でしょうか?

 

ファクタリングについては知っている方でもこの債権担保融資について具体的にはよくわからないという方も少なくありません。

 

資金調達を検討している事業の経営者には、ぜひいくつかの候補を知っておくことが大切です。

 

売掛債権担保融資の基本的な仕組み

 

売掛担保融資はその名前の通り、

  • 売掛金
  • 在庫商品
  • レセプト債等の債権

などを担保としてお金を借りる融資です。

 

債権担保融資の特徴ですが、通常の融資とは異なり

  • 不動産の担保
  • 定期預金の担保
  • 保証人

が不要で融資を受けることができます。

 

したがって売掛債権があれば、一般的な担保や保証人不要で融資を受けることが出来る資金調達の方法といえるでしょう。

 

債権担保融資を利用するメリット

こちらの債権担保融資ですが2社間でのファクタリング同様、売掛先に対する通知がされることもありませんし、また取引先企業の承諾を必要としないという特徴があります。

 

このため、資金繰りに困っている状況や、赤字決算であることを取引先の会社知られることがなく、融資を受けることが出来るというメリットがあります。

 

たとえば創業して間もない会社であり、担保とする不動産を所有していないという場合には一般的に融資を受けることは困難ですが、債権を担保とすることによって資金調達することができるのです。

 

債権担保融資でのデメリット

この債権担保融資を利用する場合には、一般的に金融機関での債権譲渡登記が必要となります。

 

不動産の場合と同様に、支払いが滞ってしまった場合は売掛債権の所有権が金融機関に譲渡されることになるのです。

 

債権担保融資を利用する場合には、銀行やノンバンクで受付ており民間のファクタリング会社では取り扱っておりません。

 

そして売掛債権の評価額によって、実際の融資可能額が決定されることになります。

 

通常の銀行融資と支払期限までに、融資を受けた金融機関へと返済を行うことが必要です。

 

このように、債権担保融資は、不動産や定期預金が必要とならないのはもちろんですが、その他にも中小企業の経営者、そして取引先に融資を受けることが通知されないので、取引先に通知することなく融資を受けたい場合におすすめとなる資金調達の手段といえるでしょう。

 

そして債権担保融資を受けることによって、資金繰りを改善させることが可能となっています。


ファクタリングと債権担保融資を比較

ファクタリングと融資を比較

売掛債権担保融資とファクタリングは、類似した性質があるため比較されることは少なくありません。

 

しかし、この2つの方法はどのように具体的に違うのでしょうか?事業の資金繰りをする上でそれを理解しておく必要があります。

 

まず、この売掛債権担保融資とファクタリングは、原則的に契約内容が異なっているのです。

 

ファクタリングでの契約ファクタリング会社を通して債権の売買契約を行い、そして売掛債権を買い取ってもらうことによって資金調達を行う方法となります。

 

売掛債権担保融資の契約

金融機関やノンバンクが債権を買い取るというわけではありません。
売掛債権を担保とし金銭消費貸借となる貸金業としての契約となるのです。

 

つまり債権担保融資は、貸付の契約となっていますが、ファクタリングは売掛金の譲渡契約となっています。

 

ファクタリングは契約者となる会社の審査は重視されませんが、売掛債権を支払うことになるの売掛先の信用力が重視されます。

 

したがって売掛先企業の信用が高いほど手数料が低く現金化することができるのです。

 

そして、ファクタリングには大きく分けて2種類の方法があり、2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングがあります。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリング

ファクタリングの種類


ファクタリングには2社間と3社間の種類の異なる方法があります。
このファクタリングの種類によって契約内容や手数料は大きな違いがあるのです。

 

3社間ファクタリングは契約者(債権者)、ファクタリング会社、そして、売掛先(債務者)で契約を結ぶことになります。

 

こちらの3社間ファクタリングの場合は、仕入先に資金繰りが悪いことが通知されることになりますので、場合によっては信用が低下してしまう可能性もあるでしょう。

 

一方で債権担保融資は、確実に売掛先に通知されることはありません。

 

また、債権担保融資とファクタリングの違いですが、ファクタリングは、債権を買い取ってもらうことになるので、最短即日で資金調達も可能ですが売掛債権担保融資の場合ですが、新規で申し込むと審査に2週間~1ヶ月ほどかかることもあります。

 

このため、ファクタリングのほうが、資金調達までにかかる時間が短くスピーディーのため緊急の資金調達に適しているといえるでしょう。

 

そして万が一、売掛債権担保融資で契約者が返済できなくなった場合には、担保となる売掛金から回収されることになります。

 

しかし、ファクタリングの場合、すでに債権の売買は成立しているため債権を譲渡した事業者には支払業務はありません。

 

また、債権担保融資とファクタリングでは、負担となる手数料や金利にも違いがあります。。

 

たとえば債権担保融資の金利では融資金が100万円以上の場合、上限金利が年利15%が限度です。

 

しかし、ファクタリングの場合、手数料に法律的な限度がなく、ファクタリング会社によって手数料が異なってきます。

 

このように、債権担保融資とファクタリングではいくつか違いがあり、メリット・デメリットがそれぞれあり事業者にあった資金調達方法を選ぶようにしましょう。

ファクタリングと債権担保融資の事業資金としての有用性

資金調達の有用性

ファクタリングと債権担保融資は事業資金としてどちらも有用性があるといえるでしょう。

 

売掛債権担保融資は売掛債権を担保に融資を受けることができるというものであり、融資限度枠は売掛債権の評価額で決まります。

 

この融資とファクタリングはよく比較されますが、手数料を支払って買い取ってもらうことが出来るファクタリングは、その後売掛先が倒産してしまった場合も、支払い義務がないのがメリットといえるでしょう。

 

しかし、売掛債権担保融資は担保を見合いに、金融機関から貸付されることになりますので、返済期日に支払いができなければ売掛金が回収されることになります。

 

また、売掛債権担保融資はあくまでも融資なので、法廷利息は15%(100万円以上)となります。

 

しかし、ファクタリングの場合は制限がありません。債権担保融資に比べると高い手数料になってしまうこともあります。

 

しかし、ファクタリングの場合、2社間の場合は売掛先に通知がいかないので、最短即日で資金調達も可能であるというメリットがあります。

 

債権担保融資の場合、貸金業法に基づき債務不履行時の弁済手段として売掛債権が回収されることになるのですが、ファクタリングにはそれはないというメリットもあります。

 

このように、債権担保融資とファクタリングはよく比較されがちですが、いくつか違いがありますので、どちらがニーズにあった資金調達方法なのかを判断し利用するようにしましょう。

 

債権担保融資は金利が安いけど
・厳しい審査がある
・支払いの義務が生じる
・審査に時間がかかる
といった特徴があるんだ。