「債権流動化」ってどんな意味?

債権流動化

 

資金調達方法としてファクタリングが知られていますが、実はファクタリング以外にも、資金調達の手法があることをご存知でしょうか?

 

売掛金や債権をファクタリング会社に売却し早期に資金化するのがファクタリングです。

 

「未回収の売掛金はたくさん溜まっているけれど現金がすぐに必要なので現金化し資金調達調達したい」というケースはあると思います。

 

そんな時にとても便利なのがファクタリングです。

 

このように、期日前の売掛金がある状態で、この売掛金をお金に換えることを債権流動化と言います。

 

塩漬けになっている債権を、早期に資金化することによって、手元に資金を調達することがファクタリングであり、有効な債権の流動化のことを指しているのです。

 

事業者によるキャッシュフローの改善についてですが、この債権流動化がとても効率的といえるでしょう。

 

 

売掛債権を現金化するファクタリングは『債権流動化』でありキャッシュフローが改善されますよ!


 

債権流動化とはこのように手元にある売掛金や債権を資金化するという手法になりますが、実は債権を売買するファクタリングだけではなく、いくつかの方法があります。

 

たとえば、ファクタリングの他にも、売掛債権担保融資と行って、売掛債権を担保にすることによって、貸付を行う担保融資というのも資金調達の手段のひとつです。

売掛債権担保融資とは?

債権担保融資


ファクタリングは取引先からの未回収の売掛金を現金化する方法ですが、
買取ではなく債権を担保にお金を借りる
『売掛債権担保融資」という資金調達方法もあります。

 

 

また、実際にはあまり利用されることはありませんが、売掛債権の証券化というような方法もあります。

 

これは信託銀行など特別な手法を用いて、売掛債権を金融商品化するという方法であり、ほとんど利用されることはありません。

 

つまり債権流動化というのは

  • ファクタリング
  • 債権担保融資

によって資金調達する事を指すことが一般的です。


売掛債権が売買される流動化の特徴

債権流動化の特徴

売掛債権が売買される流動化にはどのような特徴があるのかと疑問に思っている方もいるのではないでしょうか?

 

この債権流動化の特徴を簡単に説明しますと、数カ月後が回収の期日となる資金化出来ないという債権を流動化させることによって、決算期日前に資金化するということになります。

 

売掛債権の流動性を高めることによって、手元に現金を調達をする事ができて、そしてキャッシュフローの改善を目指すことが目的とされているのです。

 

つまり

債権流動化=効率的な資金運用

といえるでしょう。

 

売掛債権流動化を行なうことによって、売掛債権を手軽に資金化することが出来るのですが、いくつかの要件を揃えなければ流動化することができないという特徴を持っています。

 

債権を流動化するための条件

債権流動化の条件

①売掛債権のデータ管理

最も重要となるのは、売掛債権のデータをしっかりと管理しておくということです。

 

売掛債権の流動化については、この売掛債権をファクタリング業者や金融機関において審査されることになります。

 

適正な評価を受けるためにも、そのデータを慎重に管理しておく必要性があるでしょう。

 

具体的には

  • 売掛先企業のデータ
  • 決済期日
  • 決済金額
  • 取引の契約書や請求書
  • 過去の入金履歴

などのデータが必要になります。

 

このデータがきちんと管理されていなければ、回収をする際にも、難しくなりますし、審査に通らないこともありますので、資金調達のためにはデータ管理が必要となります。

 

このように、債権流動化を行なうためには、まずは、データの管理が必要であるということが大切です。

 

そして、債権流動化をすることによって、資金を手軽に早急に調達することが出来て、そしてさらにはキャッシュフローを改善させることが出来るという特徴があります。

 

②健全なキャッシュフローの改善

売掛債権流動化の最大のメリットとしては決算書を改善できるという点が大きなメリットです。

 

売掛金が多すぎる場合や、手元に資金がない場合、債権流動化を行なうことによって、お金の流れを示す、決算書の改善が出来ます。

 

健全なキャッシュフローを示すことによって、企業の価値が上がることにも繋がります。

 

③債権流動化のデメリット

債権流動化は事業資金を運用するためには効率的な手段ですがデメリットもあります。

 

まず債権流動化は、資金調達の際に手数料などのコストがかかるという点です。

 

売掛債権は、本来ならば、支払い期日を待つことによって、売上金として満額を受け取ることが出来ますが売掛債権流動化をすることによって、

  • ファクタリングの手数料
  • 債権担保融資の利息

を負担しなければなりません。

 

したがって流動化によって売掛金の受け取る金額が必然的に少なくなってしまうことになるのです。

 

これは売掛債権の担保融資でも同じで、リスク分などのコストが掛かりますので、売上金が減ってしまうことになります。

 

このように、債権流動化は、キャッシュフローを改善するためには有効な手段となりますが、コストがかかってしまうということを頭に入れておく必要があります。

 

しかし、資金繰りが厳しい中小企業の場合、債権流動化を行なうことで、期日前の売掛金を資金化することが出来るので、利用しやすいのがメリットです。

 

債権流動化にはメリットやデメリットがあるのか!


債権流動化=ファクタリングサービス

債権流動化のファクタリング

債権流動化の場合には、

  • ファクタリングサービス
  • 売掛債権の担保融資

などがあります。

 

しかし、債権流動化の方法の中でもファクタリングサービスが特におすすめといえるでしょう。

 

これはなぜかというと、債権流動化の中でも、ファクタリングサービスは最も手軽に利用することができるからです。

 

ファクタリングとは債権の売買契約となります。

 

債権を売買することになりますので、売掛金の所有権はファクタリング業者のものとなり利用者は早期に現金を調達することができるのです。

 

その理由として、他の資金調達方法よりも手続きが非常に簡単となっていますし、即日の資金かも可能となっている点があります。

 

売掛債権担保融資の場合、

  • 融資のための厳しい審査
  • 資金化まで時間がかかる
  • 返済ができなければ信用情報に記録される

といったデメリットがあります。

 

その点ファクタリングの場合、書類の審査や、また資金調達までの手間がかからず、とても簡単です。

 

ファクタリング業者によっては出張対応をしてくれるところもあり、申し込みの当日資金調達に対応をしているところもあります。

 

また、ファクタリングの場合、2社間ファクタリングという方法があります。

 

これは売掛先に通知されないという方法であり、ファクタリング会社と契約をするだけになりますので、最短即日現金化が可能です。

2社間ファクタリングの特徴

2社間ファクタリングの特徴


売掛先に知られない2社間ファクタリング。
審査も簡易的で多くの中小企業が利用している資金調達方法です。

 

 

しかもファクタリングの場合は、仮に売掛先が倒産してしまった場合にも、支払いの義務が生じません。

 

未回収リスクを回避することができるということになりますので、資金調達が終わり次第完了ということになります。

 

融資になると、返済不能に陥った場合には、売掛債権を譲渡しなければならないという特徴があります。

 

また、ファクタリングの場合、融資よりも審査がとても簡単であり、柔軟に対応をしてもらえるという特徴もあります。

 

売掛先の信用力が高ければ、審査などは通る可能性が高く、赤字決算の企業でも利用できるケースがほとんどです。

 

このため、債権の流動化にはファクタリングサービスを利用することがおすすめです。