ファクタリングによって資金繰りする際の審査とは?

ファクタリングの審査

事業者による資金調達をするために便利なのが「ファクタリング」というシステムです。

 

ファクタリングを利用すればスムーズに資金を調達することが出来て、そして赤字決算や債務超過の場で合も、財務状況を改善させることが出来るのが特徴といえるでしょう。

 

ファクタリングについては銀行融資とは違い、中小企業でも現金化する売掛金があれば利用ができますし、業績に関係なく利用できるため有効な資金調達の方法とさrています。

 

ただファクタリングは、売掛債権があればどのような会社でも現金化することができるわけではありません。

 

売掛金の売買となるファクタリングでも審査があり、NGとなり断られてしまうケースもあるのです。

ファクタリングの審査NGとなるケース

ファクタリングの審査NGとなるケース

ファクタリングにも審査がある!?
融資ではないファクタリングでの審査でNGとなってしまうケースとは?

 

 

ではファクタリングでの審査にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

どのような取引や契約でもそうですが、取引において自社にとってのリスクの有無だったり、リスクの規模によって取引相手を見極めることは必然といえるでしょう。

 

たとえば、知人や友人から「お金を貸して欲しい」とお願いされた時

  • 借りたいお金の金額
  • 相手の性格
  • 相手との関係性
  • お金を借りたい理由

といった点を少なからず判断するのではないでしょうか?

ファクタリングも同様で、ファクタリング会社が背負うことになるリスクを見極めることになります。

 

このファクタリングでの審査は銀行融資やビジネスローンとは異なる点があるのです。

 

売掛先企業の倒産リスク

売掛先による倒産のリスク

ファクタリング会社に申し込み後に、まずは売掛先となる会社について審査されることになりますので、これを知っておきましょう。

 

ここで知っておきたいポイントが、金融機関での融資とは異なり、ファクタリングの場合は、申し込みをした事業者よりも売掛先企業の倒産においてのリスクを考える必要があります。

 

もしも、売掛先が倒産してしまった場合には、売掛債権を回収できなくなってしまうからです。

 

通常、さまざまな金融機関においての借り入れの審査の場合には、利用者の信用力がなによりも重視されますし信用情報機関のデータで調査されることになります。

 

しかし、ファクタリングの場合は売掛先の信用力が審査されると考えておくと良いでしょう。

 

したがって売掛先の会社の信用力が高ければ、ファクタリングの審査は問題なく通ることになり、反対に個人事業主など信用の低い売掛先の場合にはNGとなることも少なくありません。

 

また、売掛先の信用力があれば、ファクタリングの場合は、担保や保証人も必要がありません。

 

このようにファクタリングの場合は、売掛先企業の信用力がもっとも重要視される点といえるでしょう。

ファクタリングする会社の信用力

ファクタリングする会社の信用力

さらに、ファクタリングについての審査は各ファクタリング業者によって、独自の審査基準が設けられています。

 

もっとも重要なのは売掛先企業の信用ですが、当然ながら現金化する会社の信用も必要といえるでしょう。

 

なぜなら中小企業の大半は2社間でのファクタリングとなり、売掛先から集金をするのはファクタリングを利用する事業者だからです。

 

したがって信用のない事業者の場合、回収した売掛金をファクタリング会社に支払わないというケースもあるのです。

 

ファクタリングは融資ではありませんが、利用する際には「信用」がなければ難しいでしょう。

 

現金化される債権の信憑性

現金化される売掛金の信憑性

ファクタリングの審査でNGとなるケースの多くは存在しない架空の売掛金によるファクタリングです。

 

つまりファクタリング会社を騙す詐欺を企てる会社があり、この売掛金の信憑性が問われることになります。

 

確認の方法としては

  • 過去に入金された通帳
  • 売買契約書
  • 請求書・見積書

といった書類によって判断されることになります。

 

銀行融資やビジネスローンなどとファクタリングでの審査どんな違いがあるんだろう?


 

銀行融資やローンとファクタリングでの審査の違い

銀行融資とファクタリングの審査の違い

「銀行融資とファクタリングでの審査にはどのような違いがあるのか?」と疑問に思っている方も少なくないのではないでしょうか?

 

まず、銀行融資とファクタリングの審査の違いですが、具体的には審査の難易度が大きく異なっています

 

銀行融資の場合は、審査はとても厳しく、赤字や債務超過があれば融資を受けることはできません。

 

また、書類の準備、審査の対応に関しても煩雑であり、融資を受けるまでに数週間という長い時間がかかることも多いです。

 

さらに銀行融資の場合は、一度も融資を受けたことがない銀行に融資を依頼することはかなり審査は厳しく融資を受けるのは極めて難しいでしょう。

 

しかし、ファクタリングの場合は審査の難易度は銀行融資にようには厳しくありません。

 

信用性のある売掛先からの債権であればその時点で資金調達は可能となっています。

 

そのためファクタリングは

  • 赤字決算
  • 債務超過
  • 税金滞納

であったとしても、資金調達は可能という特徴があるのです。

 

さらにファクタリングの場合は個人事業主の場合も資金調達が可能であり、損益などもあまり関係がありません。

 

個人事業主でも可能なファクタリング

個人事業主によるファクタリング

企業間の売掛金の売買となるファクタリング。
法人ではない個人事業主でもファクタリングによって資金調達はできる?

 

 

また、銀行の場合は、延滞期間中の融資は基本的には出来ませんし、税金の滞納がある場合や、民事再生中の場合も当然ながら借り入れをすることが出来ません。

 

しかし、ファクタリングの場合は、

  • リスケ
  • 延滞
  • 税金滞納
  • 民事再生の期間中

でも、資金調達が可能となっています。

 

さらに、銀行融資の場合、必ずといっていいほど保証人や連帯保証人が必要となります。

 

連帯保証人が必要になる場合だけではなく、第三保証が必要になることもあり簡単には融資を受けることはできません。

 

中小企業・個人事業主が融資を受ける場合にこの保証人がいないため、融資を受けることが出来ないケースも多々あります。

 

しかしながら、ファクタリングには、保証人・担保はは不要で資金調達することができるのです。

 

銀行融資で苦労をされているという方も、ファクタリングなら、保証人がいらないので、保証人を探す必要がありません。

 

このように、銀行の融資とファクタリングの審査については、大きな違いがあり、融資の場合は申し込みをした利用者が非常に厳しい審査を受ける必要があるのに対し、ファクタリングは法人の売掛先さえしっかりとしていれば問題はなく資金調達できるのです。

 

このため、ファクタリングの審査については、融資のように難しく考える必要はありません。

 

ただし、ファクタリング業者によってはその審査の内容が異なりますので、条件を調べておいたり、比較することが大切です。

柔軟な審査で利用できるのがファクタリングの大きなメリット

柔軟な審査となるファクタリングのメリット

このように、ファクタリングは、銀行の融資とは異なり、売掛先の信用度がチェックされるものの、審査自体は非常に緩やかであり資金調達が容易という特徴があります。

 

ところがファクタリングサービスにも、審査がありますので、この審査に通らないということももちろんあります。

 

ファクタリングの場合、銀行のような厳しい審査は行われないのが基本ですが、ファクタリングを依頼した企業と売掛先の企業について独自の審査が行われることになります。

 

当然ながら、貸し倒れリスクが高いと判断されてしまった場合には、ファクタリングの審査に通らないということも珍しくありません。

 

各ファクタリング業者によって審査基準が異なっていますので、審査通過率の高いファクタリング業者を選ぶことが大切です。

 

また、ファクタリング業者によって柔軟な審査を行っているかどうかも少々違いがあります。このため、ファクタリング業者を比較して選ぶ必要があります。

 

融資と比較すると資金調達しやすいファクタリングですが、このように債権の実在性などを独自の基準で調査することになります。

 

柔軟に審査をしてもらうことが出来ますので、融資よりは利用しやすいファクタリングなのですが、ファクタリング業者にはさまざまな業者がありますので、比較して選ぶようにしましょう。

 

また、きちんと審査をしないようなファクタリング業者では審査の結果、安い金額で売掛債権を買い叩かれてしまうこともあります。

 

このため、柔軟に対応をしてくれるような優良なファクタリング業者で資金調達をすることをおすすめします。

 

 

他社で審査が通らなかった方でも柔軟な審査で資金調達できる審査通過率ランキング


 

ファクタリングの審査通過率ランキング

審査通過率ランキング

ファクタリングの審査は実はカンタン?
業界でも柔軟な審査基準となるファクタリング会社比較ランキング