でんさいとは?基本的な仕組みと特徴

でんさい電子記録債権

 

企業による資金調達の手段として「でんさい」という言葉を聞くことも多いですが、「具体的にはどのようなものなのかわからない…」という方もいるのではないでしょうか?

 

ファクタリングによって運転資金を工面している事業主の方には「でんさい」という言葉を聞く機会も少なくありません。

 

ではこのでんさいとはどのような仕組みや特徴があるのでしょうか?

 

ファクタリングと比較される「でんさい」って何だろう?
事業資金に運用できるなら知っておきたいなぁ・・・


 

でんさいの言葉の意味と基本的な仕組み

でんさいの意味と仕組み

このでんさいという言葉は「電子記録債権」の略称となります。

 

電子記録債権は、ファクタリングでの売掛債権と何が違うのか?その点を知っておく必要があるでしょう。

 

この「でんさい」と呼ばれている電子記録債権ですが、従来にはなかった新たな形の債権となります。

 

これまでの企業間の決済手段としては

  • 当座決済による手形・小切手
  • 売掛債権

が主流となっていました。

 

電子記録債権は今までに使用されていた手形・指名債権(売掛債権等)などの問題点を改善した、オンラインで管理されている債権となっています。

 

電子記録債権はでんさいネットという金融機関による電子債権記録機関の記録原簿に電子記録されているのが特徴で、これが電子記録されていることが、効力が発生となるための要件です。

 

したがってでんさいの債権は電子データとなっていますので、紙の書類とは異なりインターネットを通して債権を譲渡・売買することも出来ます。

 

そして、証拠としてネット上に記録に残しておくことが出来るというメリットもあるのです。

 

金銭債権とは主に金銭の引き渡しを目的とした債権となっていますが、売掛債権の他にも、貸金債権、そして損害賠償債権などもでんさいにはあります。

 

こちらのでんさいですが、登場したきっかけは、主に債権が発生したことを公的に証明するものがこれまでなかったからです。

 

従来の手形による決済では

  • 発行するためにはコストがかかる
  • 紛失や盗難のリスク

も有りました。

 

そういった債権や売掛金のデメリットを無くすために、生まれたのがこのでんさいとなります。

 

でんさいネットによって取引される債権

でんさいネットでの債権売買

でんさいは電子記録債権法が施行されることになり誕生した決済の手段といえるでしょう。

 

こちらの「でんさい」の仕組みができるとともに、法整備も進んでいます。

 

これは企業が保有する債権を電子化することによって、決済手段だけではなく資金調達を円滑に進めることを目的としているのです。

 

電子記録債権の管理ですが、具体的にどこが行っているのかというと、これは電子債権記録機関が管理を行っています。

 

これは法務省、金融庁が指定した業者がなりますが、報告義務があり、定期的な監査を受けており万全な管理体制といえるでしょう。

 

主な電子債権記録機関は、大手の都市銀行・メガバンクからスタートをしています。

 

でんさいネットの正式名称は株式会社全銀電子債権ネットワークという法人によって運営されており、一般社団法人全国銀行協会が100%出資している金融機関による決済ネットワークなのです。

 

電子債権においての取引ですが、まずは、納入企業(下請け業者)が孫請け業者にでんさい(電子記録債権)を譲渡します。

 

それにより、代金の支払いでんさいによって行うことができます。

 

また、納入企業(下請け業者)が第三者に債権譲渡することによって、資金調達をするという、でんさいファクタリングという手段もあるのです。

 

電子データですので登録や管理が容易ですし、コストが掛からず、譲渡も簡単で、資金調達においてもスムーズであるというのが大きなメリットです。


現金化することも可能なでんさいという債権

でんさいの現金化

でんさいとは、このように電子記録債権の事となり、債権の譲渡や管理がとても簡単なのが特徴といえるでしょう。

 

企業間取引に対して、この電子記録債権ならば、パソコンを使いそして決済ができるという仕組みになっています。

 

  1. オンラインで簡単手続き
  2. ネット決済なのでスピーディー
  3. 安全な決済方法

というのが電子記録債権の特徴となっているのです。

 

また、「でんさい」を現金化する場合についてですが、通常の債権とは異なり電子データの譲渡となります。

 

従って、手続きのすべてが契約書を交わすのではなくパソコンだったり、FAXを使った作業となります。

 

つまり、現金の受取りについても、指定した口座への自動送金となります。

 

このため、通常の債権の譲渡や売買のように、取引先や、支払企業に集金に出向く必要がありませんし、特段の作業がなく自動的に支払われることになるため利便性に優れていることは間違いありません。。

 

従来の手形の場合には、取立や割引に関しては、煩雑な手続きをしたりすることが必要となりますが、これといった手間がかかりません。

 

また、譲渡については債権金額の全額でなく分割や一部の現金化も可能というのもメリットといえるでしょう。

 

現金化する際には銀行のシステムを通じて行われることになりますので、事前に発生記録の請求を行うことになります。

 

その後資金が自動的に送金されるという形になるのです。

 

また、電子債権の現金化はでんさいネットといって、銀行システムを介して現金化することになります。

 

つまりでんさいの現金化は

  1. 利用者
  2. 窓口金融機関
  3. でんさいネット

の三者間で「利用契約」を締結して利用をすることになるのです。

 

利用者は、原則として、窓口金融機関を通じてこちらの、でんさいネットを利用することになります。

 

しかし、こちらのでんさいネットの利用に当たっては、窓口金融機関が定める料金を支払う必要があります。

 

利用料金に関しては、各金融機関によって利用料金が定められていますので事前に確認しておいた方がよいでしょう。

 

売掛債権を紙でやりとりするのは手間がかかってしまいますので、今後は債権の電子化の流れがより一層進んでいくのではないかと考えられています。

でんさいとファクタリングによる現金化を比較

現金化を徹底比較

でんさいはこのように、電子データによって取引や決済が可能となっていますので、システム的には非常に利便性が高いといえるでしょう。

 

パソコンやFAXを使って、自動的に送金を行なうことが出来るというのがこのでんさいの仕組みとなっています。

 

一方で、ファクタリングも同様に、ファクタリング業者と契約をすることによって、売掛債権を譲渡しそれによって早期に資金化できるというものになります。

 

でんさいとファクタリング、どちらもシステムを使って自動的に送金ができますし、支払期日が来ると、銀行口座から資金が引き落とされるという点では同じといえるでしょう。

 

でんさいとファクタリングは、債権を譲渡することで、お金を受け取ることが出来るということと、システム化されていれば、自動送金が出来るという点では企業による資金調達の手段です。

 

しかし、でんさいとファクタリングは異なる相違点もあります。

 

まず、でんさいは電子債権ネットワークである「でんさいネット」を通して取引を行うことになります。

 

これは、銀行協会が100%出資して設立したもので、新たな口座を作る必要がなく、銀行口座を持っていれば利用できるというものです。

 

一方で、ファクタリングはあくまでもファクタリング業者との取引となります。

 

したがってファクタリング会社との債権の売買契約のみとなるのです。

 

また、でんさいの場合は譲渡をした企業が保証人となりますが、ファクタリングの場合は、売掛先が倒産したとしても譲渡した企業が債務を支払う義務はありません

 

こういった点でファクタリングの売掛金とでんさいによる現金化の違いがあります。